ピンクダイヤにして、なんと170カラット‼︎過去300年で最大!

「ルロ・ローズ」

170カラット  過去最大

 採掘された場所は、アフリカ南西部アンゴラの北東部のルロ(Lulo)鉱山♡ 

「ルロ・ローズ(Lulo Rose)」と名付けられた市場最大のピンクダイヤは、しかも「IIa型」のダイヤとのことです♡

タイプⅡ型のダイヤとは?

 ほとんどのダイヤモンドは、炭素以外の不純物(主に窒素、稀にホウ素)を含んでいる。

 しかし、稀に、純粋に炭素だけで出来ているのが、このタイプⅡa型のダイヤモンド。純粋無垢な本当に清らかで美しいダイヤモンド。

 ちなみに、炭素以外に極々稀に(0.5%未満)ホウ素を含んでいるのが、タイプⅡbのダイヤモンド。

その多くがブルーダイヤ。(希少なブルーダイヤの中のさらに1部がTYPE 2b)

歴史に残る「ピンクダイヤ」

「ピンクレガシー」(BBCニュース2018.11.14)

クリスティーズジュネーブ、2018年11月13日

19カラット弱

落札価格 約56億5100万円

ファンシービビットクラス 

長方形にカットされたダイヤは南アフリカの鉱山で約100年前に発掘された。クリスティーズによると1920年にカットされて以来、形はおそらく変更されていない。

南アフリカの大富豪オッペンハイマー家が所有していたものを、ハリー・ウィンストン社が落札、「ウィンストン・ピンク・レガシー」に改めた。

「ピンクスター」(BAZAARより) 

サザビーズ香港  2017年4月

59.60カラット 

落札価格  約83億9800万円

ファンシービビッドグレード

内部に傷のない最高品質のインターナリーフローレスのダイヤモンド

「ユニークピンク」  (CNN co.jp 2016.5.19)

サザビーズジュネーブ

15.38カラット

落札価格  約34億6000万円

ファンシービビットクラス