ジュエリーのパワーをできるだけ多く貰える、使い始め!!

    お気に入りのジュエリーが手元に来たら、すぐにでも身に付けたくなりますよね!以前は私もそうでした。でも、李家幽竹先生の『幸せを招くジュエリー風水』の本を読んでから(2004年からなので、かれこれ15年くらいになるかしら)、試着は別としてすぐには身に付けられなくなっています。

    私は、ジュエリーは美しいだけでなくて、とても強いパワーをもっていると感じていますし、そのパワーに助けられて来ました。ですから、できるだけ、パワーを多く貰える使い方をしたいと思っています。

     李家幽竹先生の『ジュエリー風水』では、願いを叶えて運を呼ぶ最も有効なアイテムをジュエリーと捉えています。そして、それぞれのジュエリーのパワーと、ジュエリー風水として、ジュエリーの効果を高めるテクニックをたくさん紹介されています。

     ジュエリーのパワーをできるだけ多く貰うには、使いはじめが肝心なのですって。

     ジュエリーを急に使いはじめると、ジュエリーに負担がかかるのだそうです。それなので、使いはじめる前に、9日間以上持ち歩くことを勧められています。これは9星がひと回りする間に、持ち主とジュエリーの波長を合わせるという意味があるのだそうです。

使いはじめにベストな日は!?

     使いはじめに、ベストな日は、新月、記念日、元旦、立春、春分、夏至、秋分、冬至なのだそうです。月の満ち始めは運が満ちていくタイミング、暦上の節目の日は、新しい季節の運気を吸収するのだそうです。誕生日などの記念日も、節目として強力な効果があるとのことです。

    この本を読んでから、私はジュエリーを迎えても、すぐには身に付けず、使いはじめたい日を決め、その前から持ち歩くことに決めておりました。はじめは、ちょっと面倒かしらとも思ったのですが、知ってしまうと、できればベストな使いはじめをしたくなるのが人情なのです。

     新しいジュエリーを迎えると、次の新月や近い記念日などを探し、使いはじめる日を決め、持ち歩きはじめる日を決めるのが常になりました。少し待つことになるのですが、その間にジュエリーと波長を合わせる、ジュエリーと仲良くなれると考えれば、待つことも又楽しいものです。

     しかし、忙しさなどで、使いはじめ前の持ち歩きのタイミングを逸してしまうこともあります。実は今日は誕生日で使いはじめとしてはベストな日でした。実は、使いはじめたいジュエリー候補もいくつかあり迷っていたのです。しかし、忙しさにかまけて持ち歩くタイミングをうっかり忘れてしまっており、今回は使いはじめることができませんでした。まだその時期ではなかったのかもしれません。

    次の新月を調べたら、7月3日でした。遅くとも6月24日から使いはじめたいジュエリーを持ち歩くのを忘れないようにしたいと思います。そして、ジュエリーと仲良くなろうと思っています。