毎日オークションで、信じられないくらいリーズナブルなピンクダイヤモンドに出会いました♡

1.158ct   ファンシーライトパープルピンク♡

 それは整ったハートシェイプのファンシーライトパープルピンクのルース♡しかもキャラアップ‼︎

1.02ct ライトピンクと比較してみると!

 なぜ、ラウンドのライトピンクの4分の1以下のエスティメイト価格なのでしょうか?

その答えは、コメントのLDHでした!LDH(レーザードリルホール)とは?

 天然のダイヤモンドの美しさを損なうインクルージョン。なかでも黒点は目立って美しさを損なってしまうものです。そのインクルージョンを目立たなくするために開けられた穴が、 レーザードリルホール。ダイヤモンドの表面にレーザーを当てて、インクルージョンまでの穴を開け、その穴に強力な酸を流し込むことで、インクルージョンを漂白処理して美しくするのだそうです。

 しかしLDHを施したダイヤモンドは、人の手によって加工された「処理石」という扱いになり、全くの天然で人の手が加わっていないダイヤモンドと比較すると、買い取りや再販の時点で大きな価格差が生じてしまうということでした。

感想

 美しくリーズナブルなのはとても嬉しいけれど、それが処理石ということで、違和感も感じました。カラーダイヤの人為的照射と同様の扱いなのでしょうか。

 限られた予算の中で、美しいピンクダイヤモンドをお迎えしたいものですが、どこまでが自分にとっての許容範囲なのかを考えさせられました。カラーダイヤモンドの世界はとても奥深いものです。