自粛中なので大好きなピンクダイヤモンドを上手にお迎えするための買い時、選び方をまとめてみました!

ピンクダイヤの選び方

1   小さくても色の濃いもの。

具体的には、ファンシーインテンス(パープリッシュ)ピンク以上、ビビットなら更に希少。

0.1ctアップのファンシービビットピンク!
すごい存在感!!
超小粒でもファンシービビットピンク!!

2   大きさのあるもの。

ブラウニッシュが入るだけで超お値打ちに♡
肉眼ではそこまでブラウン味を感じない!

ライトピンククラス程度でお色は薄いがピンクが分かるものか、綺麗なルースなのに鑑定でブラウンをかんでいてリーズナブルもの。

    理想としては、はっきりした綺麗なお色で、大きさもあったら申し分ないですが、価格高騰の激しい今では、予算の関係で難しいので(私の場合)、自分なりにテーマを決めて選ぶ。

大きさもお色も狙うと、お値段はお高い!!
こちらはこれでもお値打ち価格かと!

3   脇石として購入する場合

メインのお石と、一緒に使いたい脇石を持参して実際に並べてみて購入する。

実際に並べてみてバランスを考える!

   脇石として使う場合は、メインのルースを引き立ててくれるものを目で見て探す。バランスを見るためにも、実店舗でジュエリー加工予定の他のルースと並べてみて合うものを見つくろう。

☆ネットで見つけた脇石候補!

脇石サイズならまだリーズナブルかも!

購入する時期・場所をまとめてみました!

時期

1   ボーナスセールを狙って

6月中頃から7月と12月

全品○割引や、○回までの分割金利負担等。

2   決算期セール

12月と3月

決算セールとして○割引や価格交渉可能等。

3   1、2とも重なるクリスマスセール

ジュエリーの売れる時期なので、品数そのものも多く、特別割引などの特典が多い。

場所

リサイクル店で購入

(コメ兵等リサイクル専門店や質屋等)

リサイクル店でも、ボーナス時期は値引きや金利負担等があり、憧れのお品物に手が届くチャンス!

IJT(国際宝飾展)

プロの集まる場所で卸価格でお得に購入。