ピンクダイヤのソーティングから考えたこと♡

クイズです!こちらの可愛いサイズのピンクダイヤ3個のカラーは?

 こうして並べて見ると、大きく違わないように見えるこの3個のピンクダイヤ。実は、1点だけランクが違うのですが、お分かりになられますか?

クイズの答えです♡左から

0.04ct     Fインテンスピンク SI2

0.045ct   Fライトピンク   I1

0.046ct   Fインテンスピンク SI2

 なんと、中央はカラーグレードが2ランク違うのです。でも、実際、3個のピンクダイヤを並べるとお写真の通りです。お写真以上に実物の差異はない感じです。それなのに、ソーティング(鑑定)により、お値段では中央のルースは、両隣のルースの3分の1以下のお値段でした。ちなみに同じショップさんです。

 私は、ジュエリーが大好きなのですが、全くの素人なので、お迎えを決める折はいつも、鑑定書やソーティングを頼りにしてきました。A鑑の鑑定書、もしくはソーティングがないと安心してお迎えを決められないほど、重視して参りました。

 しかし、同じショップさんからお迎えしたこの3個のピンクダイヤを見て、少し考えが変わりました。

 鑑定書、ソーティングを過信し過ぎてはいけないと心底思いました。もちろん、今後も、鑑定書やソーティングを確認はするつもりです。しかし、鑑定だけに頼り過ぎないで、しっかり自分の目で見て、感じて、お迎えを決めたいと思いました。